FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本皇国憲法 第1章,第2章,第3章

以下の内容はフィクションです。実在するものとは関係ありません。


日本皇国憲法
公布2606(昭和21)年11月3日,施行2607(昭和22)年5月3日
上諭
朕は、日本国民の総意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、枢密顧問の諮詢及び帝国憲法(※1)第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。
第1章「天皇」
第1条 天皇は,日本皇国の元首であり,日本国民統合の象徴である。
第2条 皇位は世襲であり,皇室典範の定めるよころにより,男系でこれを継承する。
第3条 天皇の国事に関するすべての行為には,内閣の助言と承認を必要とし,内閣が,その責任を負う。
第4条 天皇は,この憲法の定める国事に関する行為のみを行う。
第5条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは,摂政は,天皇の名でその国事に関する行為を行う。この場合には,前条の規定を準用する。
第6条 第1項 天皇は、国民議会の指名に基づいて,内閣総理大臣を任命する。
第2項 天皇は,内閣の指名に基づいて,最高裁判所長官を任命する。
第7条 天皇は,内閣の助言と承認により,国民のために,左の国事に関する行為を行う。
一 憲法改正,法律,政令及び条約を公布すること。
二 国民議会を召集すること。
三 衆議院を解散すること。
四 国民議会議員の選挙の施行を公示すること。
五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
六 大赦,特赦,減刑,刑の執行の免除及び復権を認証すること。
七 栄典を授与すること。
八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
九 外国の大使及び公使を接受すること。
十 儀式を行うこと。
第8条 皇室に財産を譲り渡し,又は皇室が,財産を譲り受け,若しくは賜与することは,国民議会の議決に基づかなければならない。
第2章「防衛軍」
第9条 第1項 日本皇国は,国家の平和と国民の生命及び財産を守るために陸軍・海軍及び空軍から構成される防衛軍を有する。
第2項 防衛軍の最高指揮権は,内閣総理大臣が有する。
第3章「国旗」
第10条 第1項 国旗は日章旗とする。
第2項 日章旗の制式は法律(※2)でこれを定める。


※(注1)明治22年発布の「日本帝国憲法」を指す。
(注2)「日本帝国国旗法」を参照。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

奄沖@紗那

Author:奄沖@紗那
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。